動画配信サービスを利用することで得られるメリットとデメリット

動画配信サービスの料金は基本的に定額制ですし、月額料金は1,000円未満であることがほとんどなので、月に1,000円未満という低料金で好きなだけ動画を観ることができます。

レンタルビデオ店を利用すると旧作でも1本100円前後、新作だと1本300円前後の料金がかかるのが一般的なので、レンタルビデオ店に比べると動画配信サービスは非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。

メリット1.どこでも動画を見れる

動画配信サービスはネット配信なので、自分の好きな時間に何度でも動画を楽しむことができます。また、スマホやタブレットがあればモニターがない場所でも動画を観ることができるので、ベッドで寝ながら動画を観たり、外出先で動画を観たりすることもできます。

メリット2.レンタルビデオ店に行かなくてもいい

また、ネット配信なのでレンタルビデオ店にDVDを借りに行ったり、返しに行ったりする必要がありません。

動画配信サービスの動画の画質はほとんどがHD画質なので、ブルーレイには劣りますが、DVDよりは綺麗な画質です。

デメリット.テレビに比べると画質が劣る

最近のテレビは高画質化が進んでいるので、それに比べるとやや画質が劣ります。

ですが、パソコンやスマホなどで観るなら十分に綺麗な画質と言えます。また、最近では4k画質の動画を配信している動画配信サービスもありますが、その数はまだそれほど多くありません。

まとめ

レンタルビデオ店では人気作品は貸出中になっていて観れないことも少なくありませんが、動画配信サービスでは観たい動画は確実に観ることができます。

このように動画配信サービスには様々なメリットがありますが、動画配信サービスでは新作は見放題サービスの中に含まれていないので、新作を観るには別途料金がかかるというデメリットもあります。

ただし、新作の料金の支払い方法はペイ・パー・ビューであることが多いので、視聴数が少なければそれほど大きな金額にはなりません。

また、動画配信サービスの中には見放題サービスしか行っていないところもありますが、そのようなところでは新作はほとんど観ることができないので注意が必要です。

参考にさせていただいた動画配信サービスの記事では更に詳しく紹介されているので、合わせてみてみると良いかと思います。