無料から有料まで、さまざまな形態がある動画配信サービス

インターネット環境の普及によりネットを利用した動画配信サービスを多くの会社が行なうようになり、ユーザー数も増加しています。

パソコンやスマホなどのネットにつなぐことができるデバイスさえあれば、どこでも視聴することのできるコンテンツも充実しています。

動画配信サービスにはどのようなものがあるのか、無料、有料のものに分けて紹介していきます。

無料で見ることもできる動画配信サービス

動画配信サービスは基本的に有料であると思われている方も少なくありませんが、無料で楽しむことができるコンテンツも多く存在しています。

独自の番組などを配信しているニコニコ生放送や、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で出資しているabemaTVなどがその例で、地上波のテレビ放送と同じように独自のタイムスケジュールに沿って番組が放送されています。

映画やドラマなどユーザーが好きなコンテンツを選んで視聴することができる無料動画配信サービスにはGYAO!などがあり、期間限定で無料動画が配信されています。

月額料金が主流となっている有料動画配信サービス

HuruやNetflix、Amazonプライム・ビデオなど、有料で動画を楽しむことができる動画配信サービスも多く、そのほとんどが月額料金を支払うことで映画やドラマなどの動画が見放題になるというサービスを展開しています。

既存のコンテンツだけでなく、オリジナルの番組などを制作している動画配信サイトもありますが、一部作品には個別に料金がかかる場合などサイトによってシステムが変わってくるため、事前に確認することも大切です。

既存のコンテンツから派生した動画配信サービス

動画配信サービスの普及によって地上波のテレビが以前ほどの存在感を無くしていることから、テレビ業界も動画配信サービスのコンテンツ作りを進めています。

そのひとつが地上波で放送した番組を期間限定で無料配信している公式コンテンツ、TVerで、見逃してしまった番組をネットを通じていつでも見られるような仕組みづくりが行われています。

また有料地上波放送の先がけともいえるWOWOWも動画配信サービスを行なっており、洋画を中心に有料会員であればだれでも視聴することのできるWOWOWメンバーズオンデマンドと呼ばれるサービスがあります。

まとめ

有料、無料を問わず、動画配信サービスは各方面でかなりの広がりを見せています。

見たい時にいつでも見ることができるという点がとくに便利で、リアルタイムで番組が進行していくテレビ放送ではできない動画配信サービスならではの強みともいえます。

オリジナルの番組を作っていくノウハウや仕組みづくりについては、まだまだこれからという部分もありますが、テレビと動画配信サービスを上手く組み合わせることで映画やドラマなどの番組コンテンツを手軽かつ便利に楽しむことが可能です。